ホイキュー

保育業界に特化した求人サイト

就職・転職情報

失敗しない就職先選び!保育士が働きやすい職場選びのポイント

2018.08.11

>>転職先を探すなら、まずはお気軽にご相談ください。

 保育士は、離職率が高い仕事であるといわれています。離職する原因にはさまざまな理由があり、給料や業務量の多さ、人間関係などが挙げられます。せっかく好きな保育の仕事を始めたのにもかかわらず、退職を余儀なくされるのは残念ですよね。職場選びには、いくつかのチェックすべき事項があります。今回は、これから保育士として働こうと思われている方向けに、離職の原因と失敗しない職場選びのポイントについてお伝えしていきます!

保育士の離職率

離職率について悩む保育士イメージ画像

 現在保育士の離職は、社会問題に繋がっています。離職する保育士が増えたため人材確保ができなくなり、保育園の運営を維持したり新しく開園したりすることが難しくなっています。実際、どのくらい離職する人がいるのでしょうか?

 2015年に厚生労働省が発表した「保育士等における現状」の調べでは、常勤保育士の数が320,196人で、離職者は32,823人でした。割合にすると、10.3%です。およそ10人に1人が辞めている計算になります。そして、離職率は年々高くなる傾向にあります。
出典:厚生労働省「保育士等における現状」

保育士が辞める原因

保育士の一番多い改善希望である給与・賞与改善のイメージ画像

 保育士が辞める原因は、どんなところにあるのでしょうか。「保育士等における現状」の中の「保育士における現在の職場の改善希望状況」から探っていきましょう。

1、一番多い改善希望は、給与・賞与改善(59%)
 国の処遇改善やキャリアパス制度などで、保育士の給与向上は実施されていますが、他業種に比べるとまだ低い状況です。 保育園別でみると、公立の保育士は私立よりも離職しにくい傾向にあります。公立の保育園は公務員扱いとなるので、年齢が上がるにつれて昇給があるためと考えられます。私立は昇給が少ないためからか、中堅保育士の離職が多くなっています。

2、職員数の増員(40.4%)
 保育現場の人材不足が伺えます。職員数の不足は、1人が多くの業務をこなすことに繋がるため心身共に疲弊しやすくなります。

3、事務・雑務の軽減(34.9%)
 日誌や指導案計画の作成、イベントの準備などが就業時間内に終わらず、残業を負担に感じている保育士が多いのでしょう。

4、未消化(有給等)休暇の改善(31.5%)
 心身をリフレッシュし、継続して保育の業務にあたるためには休みが欠かせません。しかし、保育業界は有給が取りにくい環境だといわれています。

 このように保育士の離職の原因は、安い給料や業務量、スタッフが足りず休暇が取りにくいことが影響していることがわかります。

>>自分に合った職場で働きたい

保育園選びでチェックするべき項目

園児と遊ぶ保育イメージ画像

 保育園選びをするときは、どんな点に注意する必要があるのでしょうか?

1、給与面
 給与面は必ずチェックしておきましょう。公立は、私立より安定した給料と昇給があります。また、私立でも認可保育園の場合は、国の処遇改善やキャリアパス制度が適用されるのでオススメです。最近では認可外保育園でも、認可保育園と同水準のところが増えています。
関連記事:就職するならどっち? 認可保育園と無認可保育園

2、事務の効率化と労務管理がしっかりしている
 ICT化や残業時間短縮などへの取り組みなど、事務作業の効率化を進めている保育園を選ぶとよいでしょう。中には古い体質が根付いており、「手間と時間をかけただけよい保育ができる」と考え、ICT化や事務の効率化に否定的なところもあります。気持ちを込めることは大切ですが、持ち帰り残業やサービス残業をさせるなどのブラック保育園には注意しましょう。

3、人間関係が良い
 退職理由に人間関係を挙げる人は少なくありません。保育園の平均勤続年数をチェックし、見学のときには保育士の表情や園の雰囲気などが悪くないか確かめることが大切です。

4、保育方針が合うか
 保育園は多様化しています。他と差別化を図るという観点からさまざまな方針の保育園ができていますし、独自の教育を取り入れているところもあります。自分の保育観と合うかどうか見極めることが必要です。

5、その他
 今後出産・子育てを希望している方は、育休や産休が取りやすい環境か、休んでも代わりの人員は確保されているかなどを確認するとよいでしょう。

>>自分に合った保育園で働きたいなら

まとめ

 保育園は、自分の条件に少しでも合うところを選ぶのが大切です。「このくらいの給料なら満足できるな」、「プライベートを充実させたいから残業はしたくない」、「保育園の方針は自分の性格と合っている」など総合的に考えてみてくださいね。

 保育園のホームページを見たり、見学してみたりだけでは分からない内情もあります。ホイキューは、キャリアアドバイザーがあなたの条件に合う保育園を探すお手伝いをいたします。無料相談を実施しておりますので、気軽にご利用くださいね! 

>>無料転職支援サービスはこちら。まずはご相談ください。

ホイキュー情報室カテゴリー
保育の最新情報や、保育士さんのリアルな意見も!
保育がもっと楽しくなる働き方を紹介!
保育士さんのお悩みを一挙公開!
ホイキュー情報室が聞いてきた保育のアレコレを紹介!
履歴書の書き方など、就活お役立ち情報!
特別コンテンツ
-Coming Soon-
幼稚園・保育園ICTシステム比較なら ICTキッズ ママの味方の求人サイト ママの求人

TOP