ホイキュー

保育業界に特化した求人サイト

お仕事情報

保育園における栄養士の仕事内容とお給料を公開!

2018.05.09

保育園では、保育士や保育補助だけでなく、看護師、栄養士などさまざまな職業の人が働いています。「栄養士」は、普段どんな業務をしているのでしょうか? 気になりますよね。保育園での業務は乳幼児が対象となるため、病院や給食会社などの働き方とは少し違っています。今回は、「転職先に保育園を検討している」、「新卒だけど保育園で働いてみたい」とお考えの方向けに、保育園における栄養士の仕事内容や、給料の相場について説明していきます!

仕事内容

保育園での栄養士の仕事内容は、多岐に渡ります。乳幼児の栄養について考える必要があるので、常食だけでなく、離乳食の献立作成も求められます。また、保育士とのコミュニケーションも必要です。人員配置に関しては、調理員がいない場合があるため、調理スキルも不可欠です。

業務内容例は、以下の項目があります。
1)献立作成
2)栄養価計算
3)食材発注
4)調理(離乳食作りを含む)
5)食器洗い
6)掃除
7)アレルギー児への対応
8)食育指導
9)保育士との連携 など

最近では、食物アレルギーや喘息、花粉症の子どもが増えているため、アレルギー対応だけでなく、栄養価の高い食事を提供する必要があります。栄養士は、保育園にとって欠かさせない職種のひとつなのです。

給与の相場は?

栄養士の平均給与は、月給17〜22万円程度です。保育園の栄養士の場合は、約18〜20万円です。病院や給食会社よりは給料がやや低めですが、地域や場所により異なります。公立の保育園は公務員扱いになりますので、年齢と共に昇給しています。高いお給料を望む場合には、公立の保育園に応募してみるとよいでしょう。保育園側が、「公務員管理栄養士」で募集している場合は、管理栄養士を取得することが条件となります。

保育園の栄養士はこんな方にオススメ!

保育園の栄養士の求人を探す女性_イメージ

保育園で働く栄養士は、どんな人が向いているのでしょうか?

1)人とコミュニケーションをとるのが好き

子どもだけでなく、保護者や保育士とも関わることが多いため、「コミュニケーションを図るのが得意」という方にはピッタリです。

2)子どもの栄養について興味がある

子どもの栄養について関わることになるので、離乳食や乳幼児の栄養について興味があり、勉強したいと考えている方は向いているといえます。

3)調理が好き

保育園によってはスタッフが少人数で、調理員がいない園もあるため、実際に調理することが求められます。調理が好きという人にはオススメです。

4)パソコンなどの最新機器が得意

IT技術の発達から、保育園でも、パソコンを使った資料作成やメール対応が必要となってきました。さらに、最新の「保育ICTシステム」を使った園児管理をするようになっています。パソコンやタブレットの操作が得意という方は、現場でその能力を生かせるでしょう。

参考: 保育園運営のリスクマネージメント

5)リーダーシップが発揮できる
少ない職員で栄養全般を担うため、リーダーシップを発揮できる人は重宝されます。しかし、最初からリーダーシップを発揮するのは難しいですよね。まずはひとつずつ業務を覚え、積極的に仕事をすることで、おのずとリーダーシップの能力がついてくるでしょう。

まとめ

保育園で栄養士として働くと、乳幼児の栄養について知識を深められますし、子どもと関わることもできます。「子どもが好き」という方にはピッタリなのではないでしょうか。

求人を探すときは、保育園の特徴を把握することが大切です。なぜなら、大人数の保育園と少人数の保育園では、スタッフの数や業務範囲が大きく異なるからです。自分にとって合う保育園を見極めるのは大事です。 また、保育園によっては、食育に力を入れているところもあります。「食育について深く携わりたい」という方は、そのような園を選んでみるのもよいのではないでしょうか。

ホイキューでは、保育園における栄養士の求人についても取り扱っています。保育園はさまざまな種類があり、それぞれに特徴が異なりますので、ぜひキャリアアドバイザーにご相談くださいね

ホイキュー情報室カテゴリー
保育の最新情報や、保育士さんのリアルな意見も!
保育がもっと楽しくなる働き方を紹介!
保育士さんのお悩みを一挙公開!
ホイキュー情報室が聞いてきた保育のアレコレを紹介!
履歴書の書き方など、就活お役立ち情報!
特別コンテンツ
-Coming Soon-
幼稚園・保育園ICTシステム比較なら ICTキッズ ママの味方の求人サイト ママの求人

TOP