ホイキュー

保育業界に特化した求人サイト

お仕事情報

資格なしでも保育園で働きたい!今、「保育補助」が求められているワケ

2018.05.09

「資格は持っていないけど保育の仕事をしてみたい!…でも、資格がないと働けないんでしょ?」と思っていませんか? そんな方には、幼稚園教諭や保育士免許をもっていなくても保育の現場で働ける、「保育補助」のお仕事をオススメします! 現在、「保育補助」は、保育現場の人材不足からニーズが高まっています。資格を取る時間やお金がない方でも保育に携われるので、人気の職業となっています。今回は、「保育補助」の仕事内容やお給料についてご紹介していきます!

「保育補助」って何?

「保育補助」とは、保育園などで、保育士の補助をする職業のことをいいます。保育士として働くには資格が必要ですが、「保育補助」は資格がなくても働けます。

「保育補助」は、質の高い保育をするために、保育園においてかかせない職業のひとつです。保育園では、保育士の職員配置数が国で定められています。しかし、実際の現場では、国の設置基準だけでは十分に子どもを保育することが困難です。保育補助は、保育士の業務をサポートするために、大切な職種であるといえます。

厚生労働省は、保育現場の人材を補うべく、「保育補助」の雇用支援にも乗り出しています。なぜなら、待機児童問題を解消するために、保育に従事するスタッフを十分に確保するのは急務だからです。また、業務量の多い保育士の負担を軽減し、離職を防ごうともしています。

以前の「保育補助者」は、「都道府県による研修を受けている人」に限定していました。しかし今は、「保育士になりたい人」全般まで広がっており、雇用要件の緩和を図っています。また、厚生労働省は、保育補助者の雇い上げに必要な費用も支援し始めています。未経験の方が、より保育に従事しやすい環境となってきているのが伺えますよね。

保育補助の仕事内容

出席簿を持った保育士の女性_イメージ

保育補助の主な仕事は保育士のサポートです。

具体的には、クラスのサポート、保育日誌の記入、翌日の準備、行事の準備や対応、掃除や洗濯、保育士と共同で保育を実施するなどです。保育士の仕事と明確に分かれているわけではないため、子どもと関わる通常の保育にも参加します。ただ、保育士よりも直接的に子どもと関わる業務が少ない傾向にあります。

しかし、保育士の仕事に比べると取り掛かりやすいため、未経験の方や無資格の方、保育士の資格はあるけどブランクがある方でも活躍できます。

どんな勤務形態?

保育補助の場合は、短時間労働が多いようです。正社員の保育士と比較すると、勤務時間や日数に融通が利きやすいのが特徴です。週3日で6時間勤務など、自分のライフスタイルに合った働き方ができるのが嬉しいところですよね。

育児経験を生かせる主婦の方や、定年後に再雇用で働いてみたい方などにオススメです。

気になるお給料

保育士のほとんどは正規雇用となっており、平均月収は約22万円です。保育補助の場合は、正規雇用ではなく、アルバイトとして雇用されることが多いです。時給は900〜1600円程度となっています。地方より、都市の方が給与は高めです。

自分の希望と合致するよう、求人票をしっかりチェックする必要があります。

まとめ

保育補助は、現在とても需要がある職業であり、未経験でも始められるやりがいのあるお仕事です。柔軟な働き方ができるのも嬉しいところですよね。中には、保育士の資格取得を援助してくれる園もあります。保育補助として働きながら、より専門的な保育に関われる保育士を目指すことも可能です。

「ホイキュー」では、保育補助の求人もとり扱っています。保育園はさまざまな種類はあり、それぞれに特徴があります。あなたにピッタリの就職先とお給料についてご提案できますので、ぜひキャリアアドバイザーによる無料相談をご利用くださいね。

ホイキュー情報室カテゴリー
保育の最新情報や、保育士さんのリアルな意見も!
保育がもっと楽しくなる働き方を紹介!
保育士さんのお悩みを一挙公開!
ホイキュー情報室が聞いてきた保育のアレコレを紹介!
履歴書の書き方など、就活お役立ち情報!
特別コンテンツ
-Coming Soon-
幼稚園・保育園ICTシステム比較なら ICTキッズ ママの味方の求人サイト ママの求人

TOP